スピリチュアルカウンセラー佐野 次元融合を道案内するブログ

これから訪ずれるのはアセンションでは無くて次元融合! 楽しく道案内いたします

2月3日 節分祭 煎り豆に花が咲くまで戻ってくるな!のお伽噺なり~o(*^▽^*)o~♪

読者 縁者の皆様 こんばんわ(^^)

わたくし 普段 仕事が終わってからですから

使える時間は2~3時間しかございません

 

なので 記事を書くか コメントを書くか の

どちらかを選択しなければなりません

今日も 本当はコメントを書きたかったのですが

久々に 龍神様から

今日は節分じゃ めでたい日だから ちゃんと記事を書け!

との ありがた迷惑なお言葉をいただいたので

泣く泣く 記事を書く事を選びました

 

タイトルに書きました文言

これは 35万年程前 国常立尊様が御引退される折

邪神達から こう言われて追われたそうです

「煎り豆に花が咲くまで戻ってくるな!」

 

煎り豆とは 火で炒った豆ですから

コーヒーにするなら香ばしいですけど

それを土に埋めたとて 花が咲く事などないんですよね

これは ありえない事象をさして比喩として

2度と戻ってくるな! と言ってるんですよね

なんて書いてたら うちの樹精霊が。。。(-""-;)

 

私なら 普通にありえるよ 簡単な事だよ

私は森の管理者 しかも樹精霊なんだからね

私の力を甘く見ない事ね ふふふっ♪と無い胸を張って

ふんぞり返って 鼻高々なんですが。。。 

 

炒った豆を再生できるって事?と聞いたら

うん!(^^) 精霊の力を使えば 至極簡単なんだけど

邪神達って 私達 精霊を格下に見てて意地悪だから

私達は皆 邪神達には力を貸さなかったし

本当の力も見せてあげなかったんだ

だから 邪神達は私達がどれほどの事が出来るか

全く知らないんじゃないかな (〃'∇'〃)ゝエヘヘ だってさ (;-_-) =3 フゥ

 

まぁ 試しに見せて貰ったら 炒った大豆ですが

何故か 梅の木になって 小さな花を一輪 ポン! とつけました

 

ヾ(ーー )ォィ 大豆がなんで梅の木になる?

えっ だって春なら梅でしょう 元になる依り代なんて

なんの種でも良いのよ うふ♪(* ̄ー ̄)v だってさ

 

霊力満タンの樹精霊なら植物に関しては何でも出来そうですね

 

そういや 35万年前って皆 どうしてたの?って聞いたら

神界の様子は見えてたけど 正直 どうでも良かったのよ~

私達自然精霊からすれば どっちもどっち だったの

 

国常立尊様が何故 邪神達に疎まれたか?を考えれば

極度に真面目すぎるのも それもまた問題なのよね

邪神もまた 身勝手すぎて これも駄目

どちらも両極端が過ぎた結果なのかしらね

 

そして35万年という時間を邪神に統治させて

彼らに学んでもらってたんだけど

好き勝手やりたい放題してただけなんで

神界を牛耳ってた 殆どの邪神は学びが無かったと思う

だけどそれでも中には改神する御魂も存在してて

そんな彼らを細々と集めて やっとこの時代に

ここまで世界を変える事が出来たって訳

 

樹精霊や森の動物精霊 山や川にも精霊は沢山いるし

皆が事ある毎に ちゃんと世界が良き方へ進む様に

少しづつ 力を貸して道を紡いできたんだよ

 

この間 国常立尊様もご自身の問題点

ちゃんと理解して治す事に努めて

なんと 人間界にも転生してたんだから

凄いよね~   だって(^^;;

 

うちの樹精霊 実は35万年前を

平気で語るご老人でしたd( ̄  ̄) ヾ(^o^;オイオイ・・・

 

世界を変える 整えるには 神様だけじゃダメなんです

神使が加わっても まだ駄目で

地球全部を変えるには自然精霊の力を得られなければ駄目な事

 

幸いなことに 何故か?私の歩いた道筋には

彼ら自然精霊との出会いが山の様に待っておりました

 

風の精霊 水の精霊 海の守護神?

セルキーなんてのも遊んでますね♪

セイレーンの歌も聞き惚れちゃいますし

人魚さん達は皆 ベッピンさん揃いで鼻の下が伸びちゃったし

 

樹精霊はもちろん森の動物精霊も居りますれば

極めつけは地球意識や月の意識体の存在

太陽神・・・、まぁ 放っておいて良いかなヾ(@^▽^@)ノわはは

 

世界を変える 変わる を語る人達は多いですが

皆様 語るは 神様 神使 宇宙人 までかな

 

本当は一番大事なのは自然精霊だという事を

お忘れではないでしょうか?

 

そして自然精霊は基本的に エゴの塊の人間が大嫌いです

大嫌いだけど救う為に 彼らは人間を見てるんです

 

そして嫌なんだけど 手を差し伸べてくれるんです

そこにどれだけの人間が気が付いた事でしょう

 

霊能力は無いけど 漫画や物語

それで彼らを 彼らは怖い存在じゃないよ って

書き続けた人達もおりますね

 

夏目友人帳 ゲゲゲの鬼太郎 もっけ 魔法使いの嫁

ふらいんぐうぃっち 蟲師 などなど

 

書き出せばキリがありませんが

彼らの物語を生み出した作者さん達は

きっと自然精霊は怖くないよ!って直感で感じてるんだと思う

 

霊能者は とかく知覚出来る能力があるもんだから

人に憑くものは全て悪! そうして彼らに

最初から喧嘩腰で向き合ってしまいます

 

皆さんだって 

いきなり殴りかかってこられたらどうします?

見えない世界だからって 思いは同じ

 

優しく語る事から世界は始まります

この世界は本当は美しく自然の精霊にあふれているんです

 

ただ人間はエゴが凄すぎて それが汚れとなってこびり付いてる

それは 凄い腐臭を放ってるんです

だから 精霊は普通の人には寄り付きません

 

精霊が好むのは 優しくて温かくて いつもホンワカしてる魂

見た目や言葉で どんなに誤魔化しても美辞麗句を並べても

彼らは簡単に見抜いちゃいます

 

本当の魂を彼らは見ていますから

魂の垢が落ちた綺麗な湯上り魂になったなら

そこには 今後を共にするパートナー が待ってます

 

精霊憑き 今後はどんどん増えていくと思います

最初は戸惑うでしょうけど

そんな人達の為にも私は

私の精霊物語を今後も書き続けたいと思ってます

 

では 今日は こんなところで ヾ(^_^)マタネー